NEWS 2019 05 29

PRESS ROOM

REGAIN GROUP、「第65回早慶アイスホッケー春季定期戦」に協賛
~アスリートの支援を通じて、多様な雇用創出、多様性のある社会実現を目指す~

REGAIN GROUP株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:小野澤秀人、以下、RGG)は、令和元年5月11日(土)に開催されました「第65回早慶アイスホッケー春季定期戦」に協賛をいたしましたのでお知らせいたします。

第65回早慶アイスホッケー春季定期戦

本大会は、春と冬の年に2回実施されている早稲田大学と慶應義塾大学の定期戦で、両校のスケート部は、共に大正時代に創部され、創成期から今もなお、日本のアイスホッケー界の中心的存在となっています。“早慶アイスホッケー定期戦”は、最も伝統があり、最も白熱する試合です。

このアイスホッケーは、北米では4大スポーツの1つとして国民的な人気を得ており、そのスピードや迫力から、「氷上の格闘技」と呼ばれているスポーツです。2018年の平昌五輪では、スマイルジャパン(女子アイスホッケー代表)が五輪初勝利を成し遂げました。

平均時速50kmというスピードでリンクを駆け回り、200km近い速度でパックを撃ち合う他のスポーツでは味わえないそのスピード感こそが、アイスホッケーの醍醐味となっています。

しかしながら、競技場不足や、練習数の少なさなどの課題もあり、東京では1990年代から7つのスケートリンクが閉鎖となっています。RGGは実際に観戦するきっかけ作りや面白さを発信すると共に、頑張る学生を応援していきます。同時に、RGG自身もアイスホッケーのようにスピード感を持って変化をし続け、止まらずに経営を進めてまいります。

■ REGAIN GROUPがアスリートを応援する意義

RGGは、ITを駆使した営業支援企業として世界No.1を目指しています。

だれでも・いつでも・どこでも営業ができる世界を目指し、全国の拠点でアスリートや主婦、学生など、約800名の多様な人材が活躍しています。

アイスホッケーのみならず、セーリング競技「日の丸セーラーズ」や、サッカーチーム「ヴァンラーレ八戸」の選手の社員としての受け入れなどのスポンサー活動を通じて、アスリートのセカンドキャリア支援、地域の雇用創出を通じた多様性のある社会の実現を目指しています。

第65回早慶アイスホッケー春季定期戦
2018年9月3日 「セーリング日本代表 『日の丸セーラーズ』 記者発表会 Supported by REGAIN GROUP」

■ REGAIN GROUP株式会社 会社案内
社名:REGAIN GROUP株式会社
本社所在地:〒105-0011 東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー 9階
設立:2008年12月16日
資本金:1,231万円
代表者:代表取締役 CEO 小野澤 秀人
事業内容:ITを駆使した営業支援事業
URL:https://www.regain-group.com/

<広報に関するお問い合わせ>
REGAIN GROUP株式会社 / 広報担当:秋山
TEL:03-5777-6250(代表) / E-mail:press@regain-group.com

▲